商品画像説明

トップページにも書いてあるのですがオーダーメイドでほとんど作っているのでサンプルというか、できあがっているものが多くありません。ネットや毛のサンプルなどから選んでいただくことが多いです。ただそれでも写真撮ってあるものでのせても大丈夫そうなものをちょっとずつ掲載していこうと思います。

すべての製品は一例ですのでオーダーメイドでいかようにでも変更できます。

後は金額が書いてありますが、型取りとかカット代も含んでます。そして価格はよく数百円ぐらい為替の変動で変わります。あとは特殊な技術とか大変なものは高めにいただいてたりします。

【既製品】

金額27000円(税込み送料別)

よくあるフレンチレースの既製品です。

サイズ:22㎝×20㎝(ベースをカットして使用することができ自然なカーブがついてます)
毛質:中国人毛80% 日本製人工毛20%
毛の長さ:15㎝
毛の色:自然な黒
毛量:普通(75~85%)
カール:自然なストレート

つむじを中心に透明な糸が入ってます。
フロント根元脱色タイプもあります。

カットなど必要な場合には技術代金として+5000円いただいております。

 

【2022年3月新しい画像】生え際の仕様について

特に新しい技術ではないのですが、フロントのバリエーションに関してです。大まかに10種類ぐらいのパターンがあり、それぞれ細かく設定しなおすこともできるうちのほんの一例です。画像は境目が少し光ってますが、実際光の当たり方でこの程度はわかります。ファンデーションをつけたりしてごまかしたりもできますが仕様としてはこの程度です。フロントだけ割と雑に接着剤を塗ってとめてます。

カツラの基本料金37000円内で済むポリウレタンを使ったタイプです。ナノスキンはまた別で+3000円位で作れます。

自然にしようと思えばある程度自然に作れます。ただし、壊れやすくなるのでどの程度うまく使えるかがカギとなってるのではないかと個人的に思ってます。そしてお客様自身にはどのぐらいの「自然さ・扱いやすさ・耐久性など」が気に入るか、という点を重視しています。

私の場合は前髪短めで生え際見せてないスタイルなので、生え際を重視した製品を自分自身の頭には最近は使ってません。

【2018年 未更新】

【2017年10月更新ベースや植え方の種類に関して】

【2021年4月新しい画像】装着簡単タイプの全頭カツラ

全頭カツラですがスポッとかぶれてしまう全面人工皮膚タイプです。もっと加工してしまえば刈り上げでもいけそうです。型をぴったり取るのが難しいのですがはまれば相当使いやすいです。植毛方法や人工皮膚の厚さなどはいろいろ選べます。金額的には47000円前後です。

【2020年11月新しい画像】引抜+フロントの薄めタイプ

引き抜きベースを元にしたカツラです。左はフロントがフレンチレースで人毛のみ根元脱色で余白有り。右はフロントポリウレタンで人毛根元脱色、フロント波型加工です。

周囲にはテープタブとして極薄でポリウレタンを塗りつけてあり、さらにその外側にフレンチレースを5mmほとはみ出させて薄さを出してます。ナノスキンにもできますし装着方法はテープや接着剤、ピンにもできます。

特に左側は引き抜きネットとフロントのつなぎもなるべく段差が出ないような作りにしてあります。

金額45000円ぐらいです。

かなりお客様のリクエストを反映させた製品です。全体的に毛を短くして整髪料をつけて立たせて生え際もやや見せてもきれいに見せることができるタイプになります。

フロントの自然さを意識した製品で、レースのフロントを波加工にして人毛の根元脱色をしてます。天頂部は薄さを出したいので引き抜きネットにしてインタイプになってます。接着剤とテープで装着してます。

外周も極力薄くしたいということで丸い極薄ポリウレタンを等間隔で塗りつけてテープがつきやすいようにしてあります。

この製品は修理はできますが、修理してしまうとクオリティが落ちてしまい、わざわざこのような仕様にした意味がなくなってしまうので基本修理しないで使うタイプになってしまいます。

金額41500円位。

 

【2017年6月新しい画像】

お客様の短髪のカツラです。画像ぼけてますが結構自然です。自然さ重視ですが壊れにくくて装着方法もテープでも接着剤でも何でもOKなので楽ちんです。画像は軽く整髪料つけてます。私はお気に入りです。

仕様はベースは全面人工皮膚薄め透明、毛質は細めの人毛(最上級タイプ)、毛の長さ10㎝で頼んでバッサリ切りました(もったいない)、毛の植え方はちょっとだけ工夫してます。

価格は38000円ぐらいが平均です。


カツラ外したところです。刈り上げて装着部位はバリカン入れてます。


ベースの素材です。ポリウレタンですが薄さは4~5段階選べて右のようにベージュ系等のものもあります。フロントを部分的に極薄ポリウレタン(ナノスキン)にもできます。右側のは蒸れ防止の穴が所々空いてますが効果のほどは微妙です。


毛量をちょっと増やしたタイプでつむじを見せないようなソフトモヒカンに。短髪は自毛のカットが面倒です。

 

 

 

【2017年5月画像】

これは修理した前後画像です。

修理前

修理前の引き抜きネット周囲ポリウレタンのカツラ。

修理後。ポリウレタン剥がして交換してます。見えにくいですがポリウレタンを透明な糸で細かく縫って全体増毛して周囲全部飾り植えしてます。修理価格込々で時価16900円。

ちなみに表から見ると引き抜きネットはこんな感じです。どこで分けても割と自然です。


修理前です。これはお客様ご自身で頑張ってなおして使ってたカツラです。個人的に使えているなら裏はどうでもいいと思ってますが、ただこれだともうかなり危険だと思います。


修理後です。もう、ひたすら補強して、お客様のご要望に沿ってもう一枚薄い肌色のネット貼り付けて細かめに縫ってます。毛染めして全体増毛もしてます。時価18500円。


お客様のご要望できっちり型を取ってオーダーメイドの全頭カツラでアフロっぽいのを作りました。人毛100%です。カツラのお値段45000円でパーマ代金5000円いただきました。思いのほか大変だったので次回からパーマ代は10000円いただこうと思ってます!


よくある感じのカツラです。フロントナノスキン、分け目とつむじが引き抜きネット、基本ベースはスイスネットで周囲にポリウレタンがありその外側にレース。これは人毛ですがレミーヘアーです。時価45800円。個人的には男性にはレミーヘアーはご要望がない限りほとんど選びません。


わたしがファンクラブに入っている劇団からの依頼で作ったナノスキンベースの赤茶色リーゼントっぽいやつです。お人形さんが汚いです。わかりにくいですがフロント部分のみです。染代とパーマ代込みで21600円。